爪水虫は自然治癒しない

爪水虫は水虫が悪化して爪の内部にまで入り込んだ状態ですが、その状態のまま放っておいても完治することはありません。そもそも、水虫(白癬菌)もそのままでは完治する事がありません。

その理由は、皮膚の代謝より速いスピードで白癬菌が増殖を繰り返すので、細菌を皮膚の外側に追い出すことができず、次第に感染範囲を拡げていくということのようです。

なので、そうして感染が広がる前に白癬菌を死滅させるようにしなければいけません。その方法として、飲み薬を服用する方法もありますが、それでは体に負担もかかってしまい、場合によっては肝臓を悪くしてしまうこともあるのであまりおすすめはできないようです。

それよりも、トップページの紹介している爪水虫の薬クリアネイルを活用することによって、体への負担もなく爪の内側に入り込んだ白癬菌に対しても殺菌力を発揮してくれます。

他にもこうした薬を使用しない方法もあるのですが、それはあくまでも、たまたまうまくいくだけの方法です。その一つが、火傷しない程度の熱湯に足を数分間浸けるというのを毎日繰り返していくと、熱で白癬菌がやられて次第に感染力を弱めていくというものです。

しかしこの方法には、低温火傷のリスクがあるので皮膚が薄い場合は十分に注意しなければなりません。

他にも同じように熱を加える方法として、ロウソクのロウをかけるという方法もあるようですが、これは、毎日ロウソクをかけなければいけないことを考えると、その準備や始末に時間がかかってしまう気がします。

一種の快感を得る方法として行うのであれば良いのかもしれませんが(笑)、真剣に白癬菌治療に取り組む方法として行うのは、結構な疑問が残るものです。