ジェネリック医薬品について

今では、ジェネリック医薬品という呼び方が定着していますが、かつては後発医薬品という呼び方が多かったように思います。

このジェネリックというのは、「一般的な」・「ブランドに囚われない」といった意味があり、同一の有効成分が含まれている先発医薬品よりも安く購入することが出来るという利点があります。

そもそも先発医薬品を作るには、長い歳月が必要な場合も多く、その分研究開発に膨大な時間と費用がかかってしまいます。その為、薬の価格を抑えることができず、どうしても高くなってしまうのです。

その点ジェネリックは、そうした先発医薬品の成分を分析し、再度、自社や提供する工場で生成し作り上げることによって、研究開発などの費用を抑えることができます。その分安く販売することが出来るのです。

そうすると先発医薬品を作った製薬会社にとっては、商品が売れなくなってしまうという懸念がありますが、そうした部分を保護する為に先発医薬品の特許期間が設けられていて、その間は他の製薬会社はジェネリックを販売することが許可されないのです。

その間は、独占市場として販売することが可能となります。

しかしその特許が切れたら、ジェネリック医薬品が一斉に販売されるので、最初に作った製薬会社にとっては打撃ですが、私たち利用者にとっては薬を安く購入出来るチャンスとなるのです。

また、海外では、その国々の法律に基づいて特許という法律自体が無いような国もあるので、そうした場所では、他の国で作られた薬の特許が切れる前に、既にジェネリックが販売されているということも少なからずあります。

こうした薬を購入することも個人輸入の範囲内では許されているので、この辺も情報を仕入れてジェネリックをうまく活用していくのも一つの方法なのかなと思いました。

尚、当サイトで紹介してるケアプロストは、ルミガンのジェネリック医薬品に該当しますが、どちらを使用するにしても価格差はそれほどありません。

それよりも、人によってどちらが感覚的に伸びが早いかというような違いがあるようなので、そういうフィーリング的な部分で選ぶ人が多いようです。